メイン画像

介護事業者様をサポートする
介護ソフトについて

介護ソフトとは

介護ソフトとは、介護事業所が介護保険報酬請求業務を効率化するためのソフトウェアです。
毎月、利用者様一人ごとに手計算やExcelなどで算定処理するなど煩雑な請求業務や、少しのミスで返戻になり、再度やり直しになったりと介護請求業務は事業所にとって重要かつ、大変な作業の一つでもあります。

そこで介護ソフトを導入することによって手間と時間を削り、職員の方が誰でも正確で簡単に、更にはスピーディーに行えるようにし、サービスの質を上げ、かつ業務効率を最大限にUPする事を目的にしていると言えます。

ASP介護ソフトとは

ASP型介護保険ソフトとはインターネットを経由して介護保険の請求業務を行う方法で、余分な設備投資費用や面倒な更新作業等の必要がなく、インターネット環境があればどこからでも業務が行える利便性に富んだ介護保険ソフトです。
ASP型介護ソフトの場合、基本的にデータはソフト会社で管理されている為、データのバージョンアップやバックアップといった面倒で難しい作業はソフト会社で対応しています。
また、利用料金の面でも比較的安価であることが多いようです。

ASP介護ソフト導入のメリットとは

ミスを防ぎ、請求業務の効率化や時間の削減に役立つのが介護ソフトです。
一目で全利用者の状態を把握する事もできるので、事務管理の合理化だけでなく、現場のスタッフさんとの連携が容易になり、現場管理や介護ケアの質の向上にも反映が可能です。
コスト削減はもちろん運営状況もリアルタイムで確認可能、現場からストレートで寄せられる情報や報告も素早くチェックして介護サービスに反映できるのです。
また、普段使用しているパソコンが万が一壊れてしまっても、ASP型介護ソフトならソフト会社がデータを保管している為、別のパソコンからサーバにアクセスすれば今までのデータをそのまま利用できます。